先生たち

大変な公認会計士の勉強は自分だけでは乗り切る事が出来ません。なので効率の良い勉強方法がのっているサイトも活用してください。

現代社会の中では、さまざまな「先生」と呼ばれる人がいます。たとえば小学生のときは黒板の前に立っていた人をそう呼んでいたでしょうし、病院に行ったらお医者さんをそう呼んでいでしょう。
「先生、どんな感じです?」「風邪ですよ(ニコッ)」みたいな会話を交わした人は多いでしょう。
あるいは、大人になってみるといろいろな人と関わり合い、そのたびに腰をかがめながら「いやー、先生はお偉い!」とか、歯を浮かせながら言わなければならない場合もあったでしょう。

ところで、「先生」と呼ばれる人たちのうち、現代の社会が掲げる三つの柱をそれぞれに支える人がいますが、誰と誰と誰か、知ってますか?
一人はお医者さん。誰もが医学の恩恵を受けることが出来、世界有数の長寿国として知られる我が国の一柱を支えています。
二人目は弁護士。法の名のもとに社会を律している法治国家である我が国の、その番人として、案内人として機能しているのが彼らなのです。
そして三人目が、公認会計士。

今回は彼ら公認会計士について見ていこうと思っています。
……と言っても、もしかしたら「公認会計士」とか「会計事務所」とか、聞いたことがないという人もいるかもしれませんね。
公認会計士の面々は会計事務所を組んでいたり、独立して一人で業務を行なっていたりということを行なっているわけですが、会計事務所はどんな仕事をしているのでしょうか。
どういうふうに、この現代社会に建っている柱のひとつを支えているのでしょうか……というか、その柱っていうのは何なのか?

会計事務所の業務を見ながら、これらのような謎を見ていきましょう。